べてるの家とは

betheltree

 

mokuzi べてるの家とは

べてるの家とは

べてるの家は、1984年に設立された北海道浦河町にある精神障害等をかかえた当事者の地域活動拠点です。
べてるの家は、有限会社福祉 ショップべてる、社会福祉法人浦河べてるの家、NPO法人セルフサポートセンター浦河などの活動があり、総体として「べてる」と呼ばれています。

浦河町は、北海道の東南、襟裳岬にほど近い人口1万3千人の町です。

スローガンは「丘と海とまきば」。

サラブレットや日高昆布が有名な町です。



べてるとは、そこで暮らす当事者達にとっては、生活共同体、働く場としての共同体、ケアの共同体という3つの性格を有しており、100名以上のメンバーが地域で暮らしています。

多くのメンバーがグループホームや共同住居で暮らしていますが、一人暮らしや家族と住んでいる人もいます。

 

mokuzi べてるのはじまり

べてるの家は1978年に「回復者クラブどんぐりの会」の有志メンバー数名が浦河教会の旧会堂を拠点として活動をはじめたのがはじまりです。

当時、長い入院生活を終え退院した佐々木実さん(現在社会福祉法人浦河べてるの家理事長・有限会社福祉ショップべてる社長)の退院祝いを浦河町内の焼肉屋で行いました。そこで、「これから自分達はこの町で一体どうやって生きていったらいいのだろう」ということを当時の浦河町の精神障がい回復者の仲間と語り合ったことから活動が始まりました。

1983年、浦河日赤病院の精神科を退院した早坂潔さんをはじめとする精神障がいを体験した回 復者数名が、浦河教会の片隅で昆布の袋詰めの下請け作業をはじめ、1984年に当時浦河教会の牧師だった宮島利光氏から、「べてるの家」と命名されまし た。現在では、精神障がいばかりではなく、様々な障がいを持った当事者が活動に参加しています。

 

mokuzi 「地域のために、日高昆布を全国に売ろう!」

べてるの家の歩みは、様々な悪条件を好条件とし活かしてきた歴史から生まれたものです。社会的な支援体制の乏しさや地域経済の弱体化が、精神障がいを抱え ながら生きようとする当事者自身の生きづらさと重なり合ったとき、「地域のために、日高昆布を全国に売ろう」という起業の動機につながりました。


昆布作業をはじめたばかりの頃の早坂潔さん。椅子に座っているのは向谷地生良さん。ともに27歳頃。

 

 

mokuzi べてるの家の理念

・三度の飯よりミーティング

・安心してサボれる職場づくり

・自分でつけよう自分の病気

・手を動かすより口を動かせ

・偏見差別大歓迎

・幻聴から幻聴さんへ

・場の力を信じる

・弱さを絆に

・べてるに染まれば商売繁盛

・弱さの情報公開

・べてるに来れば病気が出る

・利益のないところを大切に

・勝手に治すな自分の病気

・そのまんまがいいみたい

・降りてゆく生き方

・苦労を取り戻す

・それで順調

などなど


mokuzi1993年に「有限会社 福祉ショップべてる」を設立

全国の有志から応援をもらって、93年に有限会社が設立されました。地域のスパーの清掃や病院の給食の食器洗浄などの請負や介護用品の販売など、浦河町を中心に多岐に渡る事業を展開しています。

■ 住所・連絡先
〒057-0024 北海道浦河群浦河町築地3-5-21
tel/fax. 0146-22-5774

■ 代表者
佐々木実

■ 事業内容
福祉用具販売、リース事業など

 

mokuzi2002年に「社会福祉法人 浦河べてるの家」が発足

精神科病床の削減と地域移行の流れの中で、当事者が理事長となる初の社会福祉法人が2002年に発足しました。この時から、当事者が専門職を雇用して、ともに地域の福祉をデザインしていくというチャレンジがはじまりました。

● 社会福祉法人浦河べてるの家

■ 住所・連絡先
〒057-0024 北海道浦河群浦河町築地3-5-21
tel. 0146-22-5612/fax.0146-22-4707

■ 代表者
佐々木実

■ 事業内容
● 就労サポートセンターべてる(就労継続支援B型、生活介護など)

・ニューべてる
日高昆布製造、グッズ制作、販売

・カフェぶらぶら

・べてるセミナーハウス
製麺、環境清掃、リサイクル

● 生活サポートセンターべてる(共同援助事業など)

・グループホーム
べてる、フラワーハイツ、潮見ハイツ、ぴあ、など

・共同住居
おざき荘、レインボー、リカハウス、みかん、など

● ヘルパーステーション マルコ(ヘルパー事業)

● 訪問看護ステーション マーラ(訪問看護事業)

● 日高圏域精神障害者地域生活支援センター(精神障害者地域生活援助事業など)