イベント情報

当事者研究実践講座
 
「みんなでやってみよう!べてるな家族会議」

共催:べてぶくろ、K2インターナショナルグループ 協力 浦河べてるの家


当事者研究を家庭でやってみたら‥‥。

そんな実践を写真家で二児の母でもある江連麻紀さんが行なっていて、それが「家族会議」としてメディアでも注目されています。各地で行われているワークショップも大変好評です。

「共同創造(co-production)」な「対話」

「人」と「事(現象)」と「問題」を分ける

自分や問題を「見つめる」じゃなくて「眺める」

主観的な「経験」にもフォーカスする

前向きな「無知」と「無力」

「不確実なこと」への耐性(歓迎?)

反転(横転)・「非」常識な「眼差し」と「
Ideate(アイディア出し)」

今回は、向谷地生良さん、べてるのメンバーと江連麻紀さんを交えて、当事者研究を家族でやってみることの意味や効果、やり方のコツなどを参加者のみなさんと分かち合う時間にしたいと思います。

「家族会議」という名前ですが、いわゆる「会議」のイメージとはちょっと違います。家族が安心して語れる場を「家族会議」と呼んでいます。

「親として見てる世界と、子どもが見ている世界はこんなにも違うんだと家族会議をして知ることができました」(江連麻紀)

べてるな家族会議を日常にとりいれて7年の江連家の母、江連麻紀さんが子どもが参加してくれるコツ、家族会議のポイントなども共有してくれます。

講師:向谷地生良さん(浦河べてるの家、北海道医療大学)
   江連麻紀さん(写真家)
   べてるの家のメンバー2名

日時:3月29日(金)18:30〜20:30

場所:モンビル横浜 根岸6階(Live Box M6)JR根岸線 根岸駅から徒歩3分
〒235-0005 神奈川県横浜市磯子区東町15−32

参加費:
★一般参加費 3000円
★ウェブマガジン(ホップステップだうん!)読者 2000円
★中学生まで無料
※参加費は、ピーティクスにて参加費の種別をご選択いただいた後、当日精算となります。
お釣りのないよう御準備をお願いします。

※子連れ可能ですが保育はありません。子供たちが遊ぶ部屋もあります。

みなさまからのご参加お待ちしております!

▷ 参加のお申し込みはこちら(Peatix)


明日からやってみたくなる!元気が湧いてくるSST

「SST(Social Skills Training)って、どんなもの??」、 「SSTをやってみたいけど、難しそうだし・・・」と SSTに興味があったり、やってみたいけどハードルの高 さを感じている方・・・お待たせいたしました!!! 家族関係や友人関係といった生活の場面はもちろん、上司 や同僚とのコミュニケーションなど職場での場面、病棟や 訪問看護といった支援の場面など、身近な場面で『明日か らさっそくSSTを活用してみたい!』と思えるような連 続講座を企画しました!
講師は、北海道が生んだスーパー看護師・村本好孝さん! 村本さんの講座は涙あり・感動あり・元気が出て、もちろん学べると大好評!!!

日時
①2019年3月 8日(金) 19時~21時
②2019年4月12日(金) 19時~21時

場所
就労継続支援B型BaseCamp (東京メトロ有楽町線・副都心線千川駅の目の前)

費用:①②とも参加の場合 4000円 ①か②のみの参加の場合 2500円 (おにぎり付)

定員:20名

対象:支援者(支援職やご家族)のかた

申し込み:メール:info@base.or.jp
電話:03-5926-7418

※両日参加か、1回のみの参加か申し込み時にお知らせくださいませ。



代官山にあるAIT(エイト)にて、今年も当事者研究やべてるとアートがコラボした企画が行われます。以下、AITによるプロジェクトの紹介です。

2018年度に開講した「子どもとフクシとアートのラボ」に続き、子どもたちを取り巻く社会的課題とアートの可能性を探るAITの「dear Meプロジェクト」を起点に、ジェンダーや哲学、当事者研究などの視点から広くアートとフクシを考えます。また、多彩なゲスト講師によるレクチャーに加え、受講生同士の意見交換や当事者性を掘り下げる「てつがくカフェ」を2回実施します。レクチャー、てつがくカフェなどの経験を通して、アートと福祉の広がりを多様な視点から考えましょう。福祉とアートを繋げる活動に関心がある方や、新たなアート・エデュケーションを考えたい方におススメです。

コースの特長 ・アートと福祉の創造的な協働のあり方について考える
・さまざまな当事者に関わる専門家とともに、アート・エデュケーションの多様性を探る
・哲学の対話型ワークショップで、アートの思考を軸に「他者」への想像力を働かせる
・複雑化する社会にアートができることを考察する

そのうち、5月30日(木)に当事者研究とべてるの活動をもとに、フクシとアートについて考えるワークショップを行います。

「安心して絶望する」 当事者研究とべてるの家の実践より

日時:5月30日(木)19:00-21:00 場所:代官山AITルーム

北海道浦河町にある、精神障害などを抱えた当事者と町民有志によって設立された地域活動拠点「ベてるの家」では、当事者が自らの経験を「専門家」として研究し、生きる苦労とうまく付き合う方法を考える「当事者研究」が行われています。統合失調症などを持つ当事者が主体的に表現し、弱さや経験をひらくことで繋がりをつくる実践は、親の精神疾患と子育てなどの「社会的養護」はもちろん、社会に潜む様々な課題と密接に関係しています。様々な人がともに生活し、苦労を分かち合う中で生まれる多様なコミュニティや家族のあり方、福祉の境界を拡張する実践について考えます。

コーディネーター
向谷地宣明(MCMedian代表取締役 / NPO法人BASE代表理事)

この他、6月22日(土)と8月3日(土)にはべぶくろでも活動している山森裕毅(大阪大学COデザイン・センター特任講師)さんのてつがくカフェ「語りにくさを、ひらく」などもあります。

また、フィールド・トリップとして「『第27回べてるまつり in 浦河』を巡るツアー(7/19金-21日開催)」(コース生割引あり)も企画されています。

日時:4〜8月 木曜日19:00-21:00、土曜日13:00-15:00または13:00-16:00
場所:代官山AITルーム
定員:25名

●お申し込み、お問い合わせはこちら(AITのHP)をご覧ください。


第16回 当事者研究全国交流集会 7月19日(金)
第27回 べてるまつり in うらかわ 7月20日(土)
昨年8月、カーリング女子日本代表の吉田知那美選手がゲストとして来てくれたべてるまつりから半年が過ぎましたが、早くも今年の当事者研究全国交流集会とべてるまつりの日程が決まりました!

第16回 当事者研究全国交流集会 7月19日(金)

第27回 べてるまつり in うらかわ 7月20日(土)

会場はともに浦河町総合文化会館です。

べてるまつりは、毎年べてるの家が開催するイベントで、べてるの一年間の活動報告のほか、ゲストを招いたシンポジウムや幻覚妄想大会などを行なっています。

当事者研究全国交流集会は、昨年名古屋で行われましたが、隔年で浦河で開催しています。毎年、全国各地や海外などから当事者研究を行なっている人たちが集まって、研究成果を発表しあったり、最新の知見をもとに交流を行なったりしています。ちなみに、来年は九州大会を予定しています。

今年のテーマやゲストなどはまだ未定ですので、詳細が決まり次第お知らせいたします。

参加を検討している方は、とりあえず日程をおさえておいてください。 どうぞ、お楽しみに!

お問い合わせ Tel. 0146-22-5612 Email. welcome@urakawa-bethel.or.jp

■ 浦河への交通機関 ・道南バス (http://www.donanbus.co.jp/)


近隣の宿泊場所

■ 浦河町

だるま屋旅館     0146-25-2516  浦河郡浦河町荻伏町492

ホテルイースト    0146-22-8811  浦河郡浦河町堺町東1-7-22

浦河イン       0146-22-1212  浦河郡浦河町築地3-1-3

浦河パークホテル   0146-22-3381  浦河郡浦河町浜町25-2

旅館昇月       0146-22-2238  浦河郡浦河町大通4-11

うらかわ優駿ビレッジAERU(アエル) 0146-28-2111  浦河郡浦河町西舎141-40

ペンション馬の宿   0146-26-3505  浦河郡浦河町東栄571-6

浦河ウエリントンホテル  0146-22-8888  浦河郡浦河町大通3丁目40-1

GUEST HOUSE Masago      0146-22-2645    北海道浦河郡浦河町堺町東1丁目11−1

■ 様似町

プラザホテル味寿々  0146-36-2159  様似郡様似町大通1-13

旅館関白       0146-36-5533  様似郡様似町会所町12

アポイ山荘      0146-36-5211  様似郡様似町字平宇479番地の7

浦河町外への移動はバスが用できますが本数が少ないのでレンタカーのご利用が便利です。