1. HOME
  2. ブログ
  3. 「ホップステップだうん!」Vol.213が配信されました。

「ホップステップだうん!」Vol.213が配信されました。

べてるのWEBマガジン「ホップステップだうん!」Vol.212が配信されました。

今号の内容
・巻頭写真 「小柳里映さん」 江連麻紀
・続「技法以前」183 向谷地生良「死者と生者の境目」
・伊藤知之の「50代も全力疾走」第17回 「べてるの感染症対策訓練」
・なおのん(ありす)便り
・福祉職のための<経営学> 075 向谷地宣明 「ミメーシス(感染)」
・ ぱぴぷぺぽ通信 すずきゆうこ 「コロナと関西幻聴さんとべてる」

べてるのWEBマガジン「ホップステップだうん!」の定期購読はこちら
スマートフォン・タブレットで閲覧するならオススメのnote版

無料で全部読めるサンプル号はこちら(note)

【価格】300円/月(←まぐまぐ版よりちょっとお得です)
【発行周期】毎月 2回


2012年から発行している公式殿堂入りのまぐまぐメールマガジン版

【価格】330円/月
【発行周期】毎月 1日・15日(配信が夜になることもあります)
【発行形式】PC・スマートフォン・タブレット向け/HTML形式

▶ メールマガジン申し込み・サンプルはこちら


浦河べてるの家のオンライン企画、第2弾!
コロナ禍のなか、オンラインを活用したミーティングや当事者研究など、べてるでも様々な取り組みを行なってきました。
全国に講演に行けない昨今、オンラインを活用してなにかできないか考え、今回は当事者研究を柱に一つのシリーズとしたウェブセミナーを企画しました。
このシリーズではゲストも交えながら、浦河で当事者研究始まった歴史や、当事者研究の15の理念、当事者研究にまつわる様々な事柄をテーマとして取り扱い、当事者研究を各々がどのように活用しているのか分かち合いながら深めていきたいと思っています。

今回は第2弾として札幌学院大学臨床心理学科教授である村澤和多里氏を迎えて対談を行います。村澤氏は心理学と社会学とエコロジーの結び目で、エコロジカルな心理療法について研究をされています。また、当事者研究を「憑きもの祓い」という側面から考察もされています。
当事者研究に興味のある方、これから研究活動をしてみようと思っている方など、みなさんぜひご参加ください!

日時:2021年2月23日(火・祝)10:00~12:30
参加費:2000円
会場:オンライン開催(ZOOM)
(参加申し込み後、開催直前にZoomウェビナーのURLをご案内します)
定員:80名(先着順)
申込締切:2021年2月21日(日)17:00まで

ゲスト:村澤和多里氏(札幌学院大学臨床心理学科教授)
コーディネーター:向谷地生良、べてるのメンバー

村澤和多里氏プロフィール

札幌学院大学臨床心理学科教授
臨床心理士、公認心理師、博士(教育学)
精神科勤務を経て、ひきこもりの若者支援、児童養護施設での臨床にも携わってきた。
著書:『中井久夫との対話』(共著)、『ポストモラトリアム時代の若者たち』(共著)など。

 

〈プログラム〉※時間は目安です
10:00 オープニング
10:05 講話 村澤和多里氏
10:50 対談 村澤和多里氏、向谷地生良氏、べてるメンバー
12:00 質疑応答
12:30 クロージング

<参加方法>
・本イベントはzoomウェビナーを用いて配信します。
・パソコン・スマートフォンなどの端末、インターネット環境が必要となります。
・ご登録いただいたメールアドレス宛にzoomウェビナーのURLをご連絡いたします。
・お客様の環境等が原因で発生した視聴トラブルにつきましては、当方での対応はできませんので、予めご了承ください。

<ご参加に際して>
・記録のため、主催者の方で開催中のイベントを録画させていただきます。
・参加者による録画・録音はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。
・第三者への参加URLの共有・提供は決して行わないようお願いします。
・当日は無観客開催のため浦河の会場・施設へ来訪はご遠慮ください。
・複数名でご参加される方は人数分のお申し込みをお願い申し上げます。

【お問い合わせ】
社会福祉法人 浦河べてるの家 東・樋口
TEL:0146-22-5612 E-mail:urakawa.bethel@gmail.com