【2020年4月17・18日】日本心理教育・家族教室ネットワーク 第23回研究集会 北海道・浦河大会


2020年4月17・18日に、浦河で大きな学会が行われます。
「日本心理教育・家族教室ネットワーク」の第23回の研究集会です。
浦河べてるの家が事務局として、準備を進めています。2010年の精神障害者リハビリテーション学会以来の大きな大会になる予定です。皆さんのお越しをお待ちしています。

ひがしまち診療所の川村先生が大会長を務めます。

http://manabi.in/jnpf2020.html

~大会長あいさつ~
心理教育とは、「病気や障害、そのほかの問題を抱えて、知識もなく、相談もできず、途方にくれているご本人、ご家族に必要な知識や情報を知ってもらう機会を広げ、どう問題に対処するかを協働して考え、ご本人やご家族が自分たちの問題に取り組みやすくなり、何とかやっていけるという気持ちを回復する、そういうことを目指している支援法」(JNPFホームページ)と紹介されています。

北海道の浦河でも、今から40年以上も前に、依存症や統合失調症などをかかえる人たちや家族の自助グループ活動が立ち上がり、集団療法や宿泊研修など当事者や子供も含めた家族への心理教育や支援の地域ネットワークが創られていきました。そこから生まれたのが「浦河べてるの家」の活動です。

この40年の変化を言い表すと、専門家主導の心理教育から協同の時代を経て、地域ベースで、より当事者や市民主導の心理教育が模索される時代となったことです。そして、浦河の経験からら学んだのは、心理教育は、地域の歴史や文化、過疎化などの地域経済の現状、災害などの課題も取り入れながら、地域を巻き込んだ形で展開される時代となったことです。

私たちは、この40年の間、人口が4割も減り、地域経済が疲弊するという過疎化の波に洗われる中で、この地に心理教育の種を蒔き、地域に根を張りながら、安心して暮らす場の創出にチャレンジしてきました。その中から「当事者研究」というあらたな当事者の知と経験を創造する営みを生み出し、全国に発信してきました。

この度の大会を通じて、日本と言う社会の「苦労の縮図」とも言える北海道、浦河の地で、全国の皆さんと共に学び、交わり、今を活かす新たな知の創造にチャレンジしたいと思います。北海道と命名されてから150年。「変革は、弱いところ、小さいところ、遠いところから」(清水義晴)、このスピリットを皆さんと共有しながら、「未開の知を耕す心理教育」の可能性を皆さんと一緒に探り、確かめ合いたいと思います。

それでは、北海道の大地でお待ちしております。

イランカラプテ!(アイヌ語で”こんにちは””ようこそ”)

申込は、下記リンクよりお願いいたします。

http://manabi.in/jnpf2020.html

投稿者: bethel-net