夏の終わり うらかわ港まつり

皆さん、夏も終わりますねー。

この夏は遊びに行った方も、仕事だった方も、これから来る秋に向けてペースを整えていただければと思います。

報告が遅くなりましたが、べてるのある浦河では、毎年お盆近くの時期になるとうらかわ港まつりというイベントが開かれます。

歌謡ショーやダンスにバンド演奏、花火など、浦河の夏の終わりを感じさせるお祭りです。今年の歌謡ショーのゲストは演歌歌手の丘みどりさん他でした。

浦河は港まつりが終わると涼しくなり、秋が近いなと感じる人が多いです。 今年の港まつりは、「降りてゆくラジオ」でも協力してもらっている浦河高校の学生とべてるがコラボして出展させていただきました。

べてるのメンバーも高校生と一緒に店番をさせてもらい、町の人に改めてべてるの紹介ができました。 クライマックスはいよいよお待ちかねの花火です。

当日までは天候があまりよくなく、打ち上げが心配されましたが、無事花火が上がりました。べてるメンバーの多くは、丘の上のグループホーム「リカハウス」の近くから皆で花火を眺めました。

打ち上げ会場の近くのセミナーハウスに住んでいるメンバーもなぜか何人かリカハウスの近くで花火を見ていました。

港まつりが終わったら、べてるのメンバーはイチゴのへた取り作業や、浦河から大勢で行く第4回関西当事者研究交流集会、秋のバザーに向けて頑張りすぎず頑張っていきます。

これからも応援よろしくお願いします!

(伊藤知之)


 

べてるアーカイブ35th(6) 幻覚&妄想大会 1998~2004 が配信されました。

▶︎ アーカイブの詳細はこちら(note)  


 

「ホップステップだうん!」Vol.179 が配信されました。

今号の内容

・巻頭写真 「第16回当事者研究全国交流集会」 江連麻紀

・続「技法以前」153 向谷地生良 「集団ストーカー・シンドローム」

・夏の終わり うらかわ港まつり

・アイデンティティーのつかまり立ち 紺野陽介 ・福祉職のための<経営学> 041 向谷地宣明 「働きたい」

・ぱぴぷぺぽ通信 すずきゆうこ 「集団ストーカーの研究1 ねらわれて」

noteでの配信をしています。 内容はメルマガ版とほぼ同じです。

【価格】300円/月(←メルマガ版よりちょっとお得です) 【発行周期】毎月 2回 スマートフォン・タブレットで閲覧するならこちらがオススメです。

無料で全部読めるサンプル号も配信されました。ぜひご覧ください。


まぐまぐメールマガジン版 【価格】324円/月 【発行周期】毎月 1日・15日(配信が夜になることもあります) 【発行形式】PC・スマートフォン・タブレット向け/HTML形式

▶ メールマガジン申し込み・サンプルはこちら

投稿者: bethel-net