雛まつり&『ホップステップだうん!』Vol.167配信のお知らせ

● ひなまつりレク 2019

3月1日の金曜日にひなまつりレクを行いました。

初めに昨年母になった松原朝美さんが女性代表としてあいさつをしました。

その後、今年から新たにメンバーに加わった癒し系の大さんの乾杯に合わせてレクはほのぼのとスタート。

町内のお菓子屋さんの桜餅を食べると「あんこが美味しいね」「もちもちしている」とメンバーには笑顔がこぼれます。

昨夜スタッフの伊藤さんが「ちょっとお菓子選びの趣味がわるい」という意見を払拭するべく選んだ雛あられには「去年よりすごいよね!」という感想が聞こえました。

お菓子を食べながら毎年恒例の男性から女性への感謝の言葉のコーナーが始まりました。

「べてるは今ベビーラッシュで女性は本当にたくましいと思います」

「女性にはいつも仕事をやさしく教えてもらっています」

「偉大です」

など女性メンバーやスタッフへ向けて暖かい言葉がたくさん出ましたが、中には「女の人はかわいい。男はまぁまぁです」などとみんなの笑いを誘うメンバーもいました。

そのあとは女性から男性へ向けたお礼の言葉を伝え、レクは楽しくも暖かい雰囲気でお開きとなりました。

(のぞみ)


べてるの家のウェブマガジン『ホップステップだうん!』Vol.167 が配信されました。

今号の内容

・巻頭写真 「昆布作業」 江連麻紀
・続「技法以前」141 向谷地生良 「全的結合-気心の知れた関係」
・ お食い初め
・BaseCampus 人間関係の苦労研究会 第3回「呼び起こせハプニング!仲間の力」
・なおのん便り 「過去の再構築(The Re-construction of my whole life)〜別の見方」
・福祉職のための<経営学> 029 向谷地宣明 「定常志向」
・ぱぴぷぺぽ通信 すずきゆうこ 「専門家」
・「べてるアーカイブ」配信のお知らせ

noteでの配信をしています。
内容はメルマガ版とほぼ同じです。

【価格】300円/月(←メルマガ版よりちょっとお得です)
【発行周期】毎月 2回
スマートフォン・タブレットで閲覧するならこちらがオススメです。

無料で全部読めるサンプル号も配信されました。ぜひご覧ください。



まぐまぐメールマガジン版

【価格】324円/月
【発行周期】毎月 1日・15日(配信が夜になることもあります)
【発行形式】PC・スマートフォン・タブレット向け/HTML形式

▶ メールマガジン申し込み・サンプルはこちら


おすすめ&人気バックナンバー紹介

【2017/04/01 Vol.121〜2017/07/15 Vol.128】
フィンランド オープンダイアローグ視察報告

【2017/07/15発行】Vol.128
・「オープンダイアローグ:今までと全く違うメンタルヘルスケア」
Open Dialogue : A New Approach to Mental Healthcare
Neel Burton M.D.(英・オックスフォード 精神科医)

【2016/11/01 Vol.111〜2016/11/15 Vol.112】
【特集】べてるまつり2016 講演
「開かれた苦労 語りの可能性」野口裕二(東京学芸大学)前編・後編

【2016/07/15発行】Vol.104
【特集】「幻聴さん」は、地域の文化に大きな影響受けている
スタンフォード大学人類学教授 タニア・ラーマン

【2015/10/15 Vol.086〜2015/11/15 Vol.088】
【特集「仏教と当事者研究」第二弾
釈徹宗 (浄土真宗本願寺派如来寺住職)× 向谷地生良
進行役 一ノ瀬かおる(漫画家)

【2013/06/15発行】Vol.030
・統合失調症学会in浦河 イブニングセミナー
「飲まされる薬、飲む薬」
川村敏明(精神科医)、山根耕平、本田幹夫

▶︎ バックナンバーの一覧はこちら

投稿者: bethel-net