即興!新春「自殺会議」/ べてるの新年会、みんなの今年の抱負は?

1月14日、新宿の早稲田奉仕園で『自殺会議』(朝日出版社)著者の末井昭さんをゲストにお迎えして新年のイベントを行いました。末井さんの『自殺』と『自殺会議』は、タイトルこそ刺激的ですが、内容は気楽に読めて笑ってしまうところがたくさんある本なので、ぜひ多くの人に読んでいただきたいと思います。

イベントでは、末井さんと向谷地生良さんの対談の後、「即興!新春自殺会議」という形でべてるの伊藤さんに加えて関東各地の当事者研究の仲間たちが経験や考えを語り合いました。

死のうと思って川に入ったらその瞬間「しまった、自分は死にたいんじゃなくて、生きづらいだけだった」と気づいたという経験や「自殺について語るのは本当は面白いけど、なかなかそういう場がない」と言った声なども登壇した当事者たちからありました。今回、こうした語りの場ができたのも「面白い自殺の本」を作ろうとした末井さんのおかげです。

末井さんは子供の頃にお母さんを自殺で亡くしている遺族であるわけですが(詳しくは本をお読みください)、自分自身は出版した雑誌がいくつも大成功したり、投資で大損したり、莫大な借金を抱えたり、鬱状態になったり、自分の書いたエッセイがベストセラーになったり、自分の半生が映画化されたり、客観的にはとても波乱万丈な人生を送っているように見えるなかで、一度も死にたいと思ったことがないんだそうです。この本はそんな末井さんの当事者研究ともいえます。

末井さんの若い頃をモデルにした映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』(2018)もとても面白いのでぜひご覧ください。末井さん役を柄本佑さん、奥さん役を元AKBの前田敦子さん、自殺したお母さん役を尾野真千子さんが演じています。ご本人もエキストラで登場したり、主題歌を尾野真千子さんとデュエットしています。

控え室で打ち合わせしていたときのこと。向谷地さんが「これがお母様ですよね」と言って、ネットで見つけてきた『素敵なダイナマイトスキャンダル』(ちくま文庫)の画像を出しました。
すると末井さんが「これは僕です」と言って、みんな大笑いでした。

今回のイベントのより詳しい内容は、そのうちベテルモンドやウェブマガジン等で特集できればと思っています。どうぞお楽しみに!

『自殺会議』刊行記念トークイベントのお知らせ
2019年1月20日(日)13時〜 LOFT9 Shibuya

 


1月11日、べてるでも新年会が行われました。

乾杯から始まって、今年の抱負をみんなでワイワイ語り合いました。

何人かの抱負を取り上げると、多飲水の苦労を抱える太一さんの抱負は、お金を貯めて大好きな本を買う事。偉人になりたい太一さんらしい抱負ですね。

替え歌の女王の木林さんの抱負は、イタリアに行く事と話し、イタリア語の歌を披露してくれました。
去年べてる祭りでグランプリを取った長門さんの抱負は、べてるで仕事をする事でした。仕事をすると、電波も落ち着くとのことで、是非楽しく働いて貰いたいですね。

みんなの発表が終わった後は、甘酒や、お菓子を食べながら歓談タイムを過ごしました。
スタッフからの余興もあり、飲み物を飲んだ紙コップの裏に3個だけ、実はシールが貼ってあり、当たった人はプレゼントが貰えました。

さらに、スタッフからクイズが出題され、「今スタッフが持っているミカンの房はいくつでしょう?」という問題をチームごとに考えて貰い、当たったチームには甘酒などのプレゼントが当たりました。
ちなみに、爆発の苦労を研究する岸沢めぐみさんの予想は20房でしたが、みんなから「多いよ」と言われると、「そしたら30房!」と答え、仲間からの笑いを誘っていました。

最後の締めはやっぱり歌。
井上仁さんが歌ってくれました。井上仁さんと言えば、昨年NHKの「俳句王国」で、絵が紹介されましたね。

そんな想いでも噛み締めながら、今年がスタートしました。

皆さんはどんな一年の抱負を持っていらっしゃいますか?
今年も素敵な一年になりますように…!

(和田智子)

 


べてるの家のウェブマガジン『ホップステップだうん!』Vol.164が配信されました。

今号の内容
・巻頭写真 「ルピナスの丘」 江連麻紀
・続「技法以前」138  向谷地生良 「子供のいる風景」
・ 伊藤知之の「スローに全力疾走」 第93回 「2019年お正月のべてる」
・「2019年私のトリセツ」 宮西勝子
・福祉職のための<経営学> 026 向谷地宣明 「べてるもいつか潰れる」
・ぱぴぷぺぽ通信 すずきゆうこ 「向谷地さんの弱さの情報公開 効果あり」

noteでの配信をしています。
内容はメルマガ版とほぼ同じです。

【価格】300円/月(←メルマガ版よりちょっとお得です)
【発行周期】毎月 2回
スマートフォン・タブレットで閲覧するならこちらがオススメです。

無料で全部読めるサンプル号も配信されました。ぜひご覧ください。



まぐまぐメールマガジン版

【価格】324円/月
【発行周期】毎月 1日・15日(配信が夜になることもあります)
【発行形式】PC・スマートフォン・タブレット向け/HTML形式

▶ メールマガジン申し込み・サンプルはこちら

 


おすすめ&人気バックナンバー紹介

【2017/04/01 Vol.121〜2017/07/15 Vol.128】
フィンランド オープンダイアローグ視察報告

【2017/07/15発行】Vol.128
・「オープンダイアローグ:今までと全く違うメンタルヘルスケア」
Open Dialogue : A New Approach to Mental Healthcare
Neel Burton M.D.(英・オックスフォード 精神科医)

【2016/11/01 Vol.111〜2016/11/15 Vol.112】
【特集】べてるまつり2016 講演
「開かれた苦労 語りの可能性」野口裕二(東京学芸大学)前編・後編

【2016/07/15発行】Vol.104
【特集】「幻聴さん」は、地域の文化に大きな影響受けている
スタンフォード大学人類学教授 タニア・ラーマン

【2015/10/15 Vol.086〜2015/11/15 Vol.088】
【特集「仏教と当事者研究」第二弾
釈徹宗 (浄土真宗本願寺派如来寺住職)× 向谷地生良
進行役 一ノ瀬かおる(漫画家)

【2013/06/15発行】Vol.030
・統合失調症学会in浦河 イブニングセミナー
「飲まされる薬、飲む薬」
川村敏明(精神科医)、山根耕平、本田幹夫

▶︎ バックナンバーの一覧はこちら

投稿者: bethel-net