2019年もよろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます。年末の浦河の様子を報告したいと思います。

2018年12月28日(金)、回復者クラブどんぐりの会の振り返り研修会(忘年会)が行われました。

今回の振り返り研修会は、前回までの浦河町文化会館ふれあいホールから会場を移して、浦河町堺町集落センターで行われました。テーマは、「2018年は支えられる年・支える年」と題して、前半は研修会、後半はお楽しみ交流会として行われました。

研修会の中では、べてるで新しい命(べてるの仲間・松原朝美さんの娘さんの「美来(みらい)」ちゃん)が誕生したので、仲間でどう支えていくかについてを何人かに語ってもらいました。

後半の交流会では、抽選会やカラオケや宴会芸等々の出し物がありとにかく楽しめた「振り返り研修会」でした。中でも最近加わった仲間がラップを披露してくれたのは衝撃的でした。

今回は、いつも振り返り研修会をまとめてくれる伊藤知之さんが例年以上に調子を崩し、直前に「参加をパスしたい…」というLINEを仲間に送っていましたが、みんなで司会進行をしたりスライドを完成させたりして何とか無事に会を進めることができました。なかでも、研修会の部の司会を早坂潔さんが引き受けてくださり、研修会参加者に次々とマイクを回していたのが印象的でした。

本番までには伊藤さんも復活しました。

今年は、精神科病棟のない浦河で、簡単に休息入院のできなくなった仲間を地域で、仲間の力で支え、また支えられた1年でした。

翌日は、年末恒例の餅つきが川村先生の家のビニールハウスのなかで行われました。

みんなで力を合わせて、たくさんのお餅をつきました。集まった地域の子どもたちも小さな杵で一生懸命ぺったんぺったん餅をついてました。それをお雑煮にしたり、あんこ餅にしたりして、美味しく食べました。

大晦日の夜は、例年通り各住居でお鍋を囲みながら紅白を見て、年越しをしました。元祖べてるの家ではメンバーの佐藤太一さん(『見る当事者研究 Case1』をご覧ください)の実家(牛を飼っている農家)からたくさんの牛肉が送られてきて、とてもおいしいすき焼き鍋ができました。

年が明けて、太一さんと向谷地さんと数名のメンバーで新冠町(浦河から車で1時間くらい)にある太一さんの実家にお礼に行きました。牧場を見学したり、朝生まれたばかりの子牛を見せてもらうこともできました。

べてるは4日から開所の予定です。

2019年もよろしくお願いいたします。

 

 


べてるの家のウェブマガジン『ホップステップだうん!』Vol.163が配信されました。

今号の内容
・巻頭写真 「小川和加子さん」江連麻紀
・続「技法以前」137 向谷地生良「自分自身で、共に-個別化と協同の時代」
・ 伊藤知之の「スローに全力疾走」 第92回「生まれ来る子供たちのために」
・なおのん便り
・【本の紹介】『自殺会議』 (朝日出版社)著:末井昭
・福祉職のための<経営学> 025 向谷地宣明
・ぱぴぷぺぽ通信 すずきゆうこ「向谷地さんの弱さ(忘れもの)拡散中」

noteでの配信をしています。
内容はメルマガ版とほぼ同じです。

【価格】300円/月(←メルマガ版よりちょっとお得です)
【発行周期】毎月 2回
スマートフォン・タブレットで閲覧するならこちらがオススメです。

無料で全部読めるサンプル号も配信されました。ぜひご覧ください。



まぐまぐメールマガジン版

【価格】324円/月
【発行周期】毎月 1日・15日(配信が夜になることもあります)
【発行形式】PC・スマートフォン・タブレット向け/HTML形式

▶ メールマガジン申し込み・サンプルはこちら

 


おすすめ&人気バックナンバー紹介

【2017/04/01 Vol.121〜2017/07/15 Vol.128】
フィンランド オープンダイアローグ視察報告

【2017/07/15発行】Vol.128
・「オープンダイアローグ:今までと全く違うメンタルヘルスケア」
Open Dialogue : A New Approach to Mental Healthcare
Neel Burton M.D.(英・オックスフォード 精神科医)

【2016/11/01 Vol.111〜2016/11/15 Vol.112】
【特集】べてるまつり2016 講演
「開かれた苦労 語りの可能性」野口裕二(東京学芸大学)前編・後編

【2016/07/15発行】Vol.104
【特集】「幻聴さん」は、地域の文化に大きな影響受けている
スタンフォード大学人類学教授 タニア・ラーマン

【2015/10/15 Vol.086〜2015/11/15 Vol.088】
【特集「仏教と当事者研究」第二弾
釈徹宗 (浄土真宗本願寺派如来寺住職)× 向谷地生良
進行役 一ノ瀬かおる(漫画家)

【2013/06/15発行】Vol.030
・統合失調症学会in浦河 イブニングセミナー
「飲まされる薬、飲む薬」
川村敏明(精神科医)、山根耕平、本田幹夫

▶︎ バックナンバーの一覧はこちら

 

 

 

投稿者: bethel-net