1. HOME
  2. イベント
  3. オンラインイベント
  4. 2020年度:当事者研究の研究・実践交流プログラム 〜当事者研究の新たな潮流〜

2020年度:当事者研究の研究・実践交流プログラム 〜当事者研究の新たな潮流〜

2001年にはじまった対話実践としての当事者研究は、さまざまな日常の出来事を自ら研究という領域に取り込む形で、私たちの暮らす対話の空間を豊かにしていく可能性を持っています。
このたびは、司法福祉領域、企業・組織運営、精神医療、当事者活動を含めた市民活動などさまざまな領域で試みられている当事者研究の取り組みの現場の皆さんにお話をいただき、経験交流を深めたいと思います。

〇テーマ :当事者研究の潮流
〇内  容:当事者研究の研究・実践交流
〇日  時:2021年3月21日(日)-午後12時30分~午後4時30分
〇参加方法:オンライン開催(ZOOM)
 ※参加申し込み後、開催直前にZoomウェビナーのURLを送ります。
〇定   員:150名(先着順)
◯申込締切:2021年3月15日(日)17:00まで
〇参 加 費:無料
◯主  催: 北海道医療大学看護福祉学部臨床福祉学科精神保健福祉学講座
〇協  力:・東京大学先端科学技術研究センターバリアフリー領域「当事者研究分野」熊谷研究室
      ・(社福)浦河べてるの家
      ・北海道医療大学先端研究推進センター「当事者研究分野」

※この事業は『基盤研究(B)(特設分野研究)課題番号1 9 K T 0 0 0 1「対人援助とセラピーにおける対話実践の身体性と社会性:対話空間のオラリティ研究』の一環として行うものです。

☆プログラム(敬省略)
※参加予定者の都合によって、プログラムが変更されることがあります。

12:30〜開会
12:40〜主催者挨拶
12:50〜鼎談「コロナの時代と当事者研究」
・熊谷晋一郎(東京大学先端研)×向谷地生良(北海道医療大学)×村上靖彦(大阪大学)

13:10〜「企業経営&組織運営と当事者研究」
ゲスト:宇田川 元一(埼玉大学経済学部准教授)
田中 羊子(日本労働者協同組合連合会センター事業団理事長)

13:40「オートエスノグラフィーと当事者研究」
ゲスト:石原 真衣(北海道大学アイヌ・先住民研究センター助教)

14:05〜休 憩

14:10〜「子どもの力と当事者研究」
ゲスト:当事者研究を実践している子供たちの研究紹介とインタビュー

14:30〜「司法の領域と当事者研究」
ゲスト :鈴木 育美(北海少年院紫明女子学院教育支援部門、法務教官)
山本 雅也(国立病院機構花巻病院、心理療法士)
堀内 美穂(国立病院機構下総精神医療センター、臨床心理士)
指定発言:高橋 昇(元花巻病院心理療法士)

15:20〜休憩
15:30〜「当事者研究、新たな発信」
ゲスト:秦野 和人(社福 新樹会)
津野 青嵐(浦河べてるの家)
前道 孝幸(木まぐれ研究所)

16:10〜全体交流
指定発言:綾屋 紗月(東京大学)
上岡 陽江(ダルク女性ハウス)
大橋 秀行(予定)
16:30〜終  了

<参加方法>

・本イベントはzoomウェビナーを用いて配信します。
・パソコン・スマートフォンなどの端末、インターネット環境が必要となります。
・ご登録いただいたメールアドレス宛にzoomウェビナーのURLをご連絡いたします。
・お客様の環境等が原因で発生した視聴トラブルにつきましては、当方での対応はできませんので、予めご了承ください。

<ご参加に際して>

・記録のため、主催者の方で開催中のイベントを録画させていただきます。
・参加者による録画・録音はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。
・第三者への参加URLの共有・提供は行わないようお願いします。

 

【お問い合わせ】
社会福祉法人 浦河べてるの家 池松・泉
TEL:0146-22-5612 E-mail:info@toukennet.jp

| オンラインイベント