top べてるねっと:知る べてるねっと:買う べてるねっと:仲間 べてるねっと:行こう! べてるねっと:お問い合わせ

統合失調症とは?

統合失調症(とうごうしっちょうしょう)とは、妄想や幻覚などの多様な症状を示す、精神疾患のひとつです。2002年までは、精神分裂病と呼ばれていました。発症率は、国、人種、文化など関係なく人口比1%程度と言われています。発病時期は、10代後半から20代にかけて多く見られます。


どんな症状がある?
統合失調症と一言でいっても、その症状は様々です。
・幻聴:人の声、物音など、そこに実在しない音が聞こえてくる。
・妄想:間違った認知を修正できず、思考が被害的になりがちになる。
・自分の思考が他人に漏れてしまう。
これらは、陽性症状とも言われます。薬物療法が有効に働くケースが多いです。これらの苦労とつき合っていくためには、それなりの練習が必要な場合があります。

べてるのメンバーには、幻聴系(例:小泉首相が求愛してくる)、体感幻覚系(例:夜中に体に落書きされる)、サトラレ系(例:自分の考えたことが周囲に伝わってしまう)、被害妄想系(例:イラク戦争は自分の罪のせいだ)など、それぞれ個性的な体験を持っています。
浦河では「当事者研究」が盛んに行われており、メンバーそれぞれが自分の実感に合った「自己病名」を持っています。(例:統合失調症爆発型、逃亡失踪症、などなど)

その他には、
・自分を守るために家に閉じこもったりする。
・疲れやすくなったり、集中力が低下したりする。
・意欲や自発力が低下したように見える。
・感情が乏しくなったように見える。
・周囲に無関心になったように見える。
このような症状は、陰性症状とも言われます。怠けてるかのように誤解されやすいという苦労があります。


原因は何?
昔から様々な仮説が言われていますが、現在も研究中であり、その原因についてはまだ証明されていません。
以下のことが、ある程度わかっています。
・「病気のなりやすさ」は遺伝と関係しているが、それだけで発病するわけではない。
・親の育て方や環境だけが原因で病気になるのではない。
・単一の原因によって発病するのではない。
・ドーパミンなど、脳内の神経伝達物質の代謝の変動と関係している。


治療はどんな感じ?
治療は薬物療法を中心に行っていきます。脳内の神経伝達物質に働きかける薬などを服用します。
副作用や薬の飲み心地などに心配なことがある場合は、主治医と相談しながら調整していきます。浦河では、治療方針や薬についてなどを当事者と主治医がかなり綿密に相談し合いながら進めていきます。そこで決まった方針は、本人が自分自身に責任を持って行います。

□ 薬の主な効果
・幻覚や妄想を抑えて自分をコントロールするのに役立てる
・気分を和らげる
・意欲を向上させる
・再発や不要な入院を防ぐ  などなど

□ 薬の種類
飲み薬タイプ(錠剤、カプセル剤、細粒・散剤、液剤)
細粒・散剤は粉薬、液剤は水薬やシロップのようなタイプ。
日本では最も多く使われている。


● 注射剤
筋肉に注射したり点滴で使う。効果を早く得たいときや内服が難しいときに選択する。

● 持効性注射剤(デポ剤)
長期間にわたり薬の効果が持続するような工夫がされたもの。
一回の注射で、約2-4週間効果が持続する。
脱施設化(地域生活支援)が進んでいるヨーロッパではこっちが主流に。



薬は長期間持続して使い続けることが大事です。
しかし、そうした薬物治療だけではなく、人間関係や社会生活における対処法を身につけていくことも回復(リカバリ—)にとっては大事です。

浦河では、「当事者研究」という試みが盛んに行われています。自分の苦労のメカニズムを客観的に明らかにし、有効な対処法を同じ苦労の経験を持つ仲間の力を借りながら探していきます。当事者研究のプログラムはべてるとデイケアで週1回ずつ行われており、仲間や専門家にむけて自分の研究発表をする機会もたくさんあります。
また、SST(生活技能訓練)も浦河での中心的な取り組みのひとつです。べてるでの販売や接客の練習や、幻聴さんとのつき合い方の練習、当事者研究で発案された対処法の実践など、様々な場面で用いられています。SSTは、べてるとデイケアで週4回行われています。


ずっと入院ってホント?
今や、通院治療が主流です。
浦河赤十字病院でも精神科のベッド数を130床から60床に削減し、地域での生活を基本とした支援体制にしました。
本当に医療的に必要な場合を除いての長期の社会的入院は、全国的に見ても減少傾向にあります。


統合失調症については、こちらでも分かりやすく解説されています。
統合失調症情報局すまいるナビゲーター





川村敏明氏(浦河日赤病院精神神経科部長)

—浦河流の「非援助の援助」について
「病気」という言葉だけに反応すると、単純に症状がなくなれば楽になる、幸せになると考えがちだけど、精神科はそうじゃないとは昔から言われてきました。
浦河ではもっとすてきな言い方がされていて、「苦労を増やす治療をしよう」とか「やっぱい苦労しなきゃ生きていけないよね」と言われています。
生きている、暮らしていることの苦労があることは、とても大事なことなんだよというセンスがずっとありました。
べてるの活動のはじまりは、みんなの抱えている苦労を語り合うということでした。
悩みがある、持っている。それは大事なことだねと。
そういうセンスが最初からありました。これは本来、精神医療の中心のところなんです。


浦河で病気と暮らすメンバー


松本 寛さん(自己病名:統合失調症幻聴型)
僕は5歳のときから幻聴と共に過ごしてきました。
悪魔の幻聴と天使の幻聴があって、昔は悪魔の幻聴の言うままに悪さをしていました。しかし、そうすると必ず罰があたって、人間関係もボロボロになるので、今はいい幻聴の言うことだけを聞いて、人を助けたり、街をキレイにしたりして、頭では悪いことを考えても行いは健全でいるということを心がけて生活しています。
分裂病(統合失調症)は居場所を探している病気です。僕は子供の頃からいじめられて、都会へいっても居場所がなかったけど、浦河に来て、赤い糸と出会って、行いを清らかに保ていると、居場所と仕事が与えられました。



伊藤知之さん(自己病名:統合失調症全力疾走型)
統合失調症という病気は、物事に集中できなくなったり、様々なことが気になって混乱したりします。
浦河では、同じ苦労や悩みを持つ仲間に相談したり、当事者研究やSSTなどのプログラムを利用して対処法を考えたり練習したり、安心して休める環境づくりをみんなでしていくことで、一人ひとりが豊かな活動を実現しています。



吉野雅子さん(統合失調症サトラレ型)
私は、物心ついたときから不安感や緊張感を抱えていました。そして、いつも自分の気持ちや考えを相手に伝えることに困難を感じていました。
周囲の人間や親からも自分の存在が歓迎されていないという感覚がありました。子供の頃は「妹と比較して、自分は劣っている」と思いながら過ごし、小学校5年の頃には、自分の考えが他人に読まれているという漠然とした感覚を持っていました。
高校2年のときに、街を歩いている人に自分の考えが伝わり、「死になさい」という声が聞こえ、そのことを親に話すと精神科に連れていかれました。短大に行っても「サトラレ」がひどくなり、街にも出られなくて、親子関係にも行き詰まっているとき、札幌でのべてるの講演会に出かけ、べてるを知りました。
講演では「サトラレ」の研究について発表していますが、最近は「サトラレ」もなくなってきています。べてるに通ってみんなと昆布作業するのが私には合ってるなと思ってやっています。
サイト管理・運営
McMedian CO.,LTD.
171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-7 403
Tel 050-3351-3135
Mail e-mail@mcmedian.co.jp

Copyright ©2006, Bethel-net. All Rights Reserved.
| トップページ | 知る | 買う | 仲間 | 行こう! | お問い合わせ | サイトマップ |