「納豆昆布」数量限定特別価格で売り出し中!/ ベテルモンドVol.13の販売を開始しました!

粘りの強い昆布を細かく削ったべてる定番の人気昆布商品「納豆昆布」。

醤油やだし汁を加えて混ぜていただくと、まるで納豆のような粘りが出ておいしく召し上がることができます。

その納豆昆布が、なんと現在、通常価格540円のところ、数量限定特別価格440円にて販売中です!

納豆昆布ってどんな昆布だろう?と思っている方!今がチャンスです!

■ 納豆昆布の美味しい食べ方
醤油をかけてご飯にのっけて食べるのはもちろん美味しいですが、そのほかにも、
お味噌汁に入れて、出汁をとってもそのまま具としても食べれます。べてるのカフェではよくだされていてたいへん好評です。
また、キュウリとあえて浅漬けにしたり、のり弁の要領で納豆昆布をお弁当に使ってもよいです。
ポイントは「水分」を入れること。好みにもよりますが出汁や醤油などを入れてまぜると粘りが出ます。
※みなさんのご協力により、大量発注した納豆昆布は無事完売いたしました。買ってくださった方々ありがとうございました。(2017.10.4)

ベテルモンドVol .13 (ダウンロード版)の販売が開始されました。

今回は、特集として統合失調症のカルボニルストレスの解明で有名な東京都医学総合研究所の糸川昌成先生と向谷地生良さんの対談企画「心の病を考える」が掲載されているほか、「世界の精神医療の歩みとべてるの家の当事者研究−イギリス・フィンランド報告会in松戸」など盛りだくさんの内容となっています。

ベテルモンドVol .13 (税込120円)

 


メールマガジン「ホップステップだうん!」Vol.131(9月1日号)が配信されました。

今号の内容は、8月26日に91歳で亡くなられた哲学者で明治大学名誉教授の中村雄二郎先生の「臨床の知」について触れました。
「臨床の知」という考え方は、当事者研究などをめぐる語りのなかで何度も取り上げられてきました。その功績と影響は私たちにとってもとても大きなものがあります。

ほか、

・今日も誤作動 32 齋藤優紀
「ひとり焼き肉の研究」

・「逃げるは恥だが逆に目立つ」 北村徹太郎

 

たくさんの方々に支えられて、発刊から6年目となりました。
読者の方々にいただいた講読料で、みんなで力を合わせて記事を作成しています。

【価格】300円/月(1配信あたり150円・税別)登録月無料
【発行周期】毎月 1日・15日
【発行形式】PC・携帯・スマートフォン向け/HTML形式

▶ メールマガジン購読・申し込み・サンプルはこちら

 


 

投稿者: bethel-net