べてるまつり活動報告&幻覚妄想大会

今年のべてるまつりは、各チームの紹介や1年の活動報告を替え歌にのせて発表しました。その内容をダイジェストで紹介します。

浦河町内のゴミ回収・処分、引っ越し、草刈り、雪かき、農業、水産加工などを行っている新鮮組チームは、この1年で家屋解体の依頼がたくさん舞い込みとても忙しかったそうです。そのほか、高齢化が進む地域では亡くなった方の家の整理やゴミ屋敷の清掃なども多かったそうです。

新鮮組で栽培されている野菜は、無農薬で安心安全、べてるのカフェ・食堂・グループホームなどの食事で提供されているほか、町内でも移動販売しています。最近は、新しいビニールハウスをみんなで力を合わせて建設しました。骨組みやビニールなどほとんどもらい物だけでつくりました。これも日頃から解体やゴミ処分の作業を行なっているおかげです。

なんちゃってヘルパーチームは『なんてったってアイドル』の替え歌で活動を紹介。いよいよ今年度、ほんとうのヘルパーステーションができる予定です。ケアマネ、介護福祉士大募集中!興味のある方は、べてるまでご連絡ください。

その他、グッズチーム、ミナチーム、ひがし町診療所、エマオ診療所などが活動を紹介。演歌あり、コール&レスポンスありと盛り上がりました。

昆布チームは、2ヶ月間昆布を摂り続けた結果のビフォー・アフターを報告。体重が減った人、逆に増えた人、変化なかった人、血圧が下がった人などいろいろでした。写真は、最近ダイエットが成功した大和さん(昆布を食べたおかげかどうかは未知数)。

まつり後半は、恒例の幻覚&妄想大会。当日参加されていない方のために、「ぱぴぷぺぽだったで賞」と「グランプリ賞」の内容をご紹介します。


2017  幻覚&妄想大会 「ぱぴぷぺぽだったで賞」 岸澤恵美様

あなたは、浦河デビューをはたして以来、この10年、いつも「ぱぴぷぺぽ現象」に見まわれ、マイナスのお客さんや悪口幻聴さんにジャックされながらも、大声爆発で吹き飛ばしたり、恋多き女として、べてるの草食系男子を”キシメグなしでは生きられない”魔法にかけてヘロヘロ状態にして、さみしさを紛らわすという技を編み出され、サバイバルな浦河の街で今日まで生きて来られました。

特にあなたがタクシー代わりに利用する救急車、夜な夜な通う総合文化会館の警備室、暇つぶしに訪れる役場の窓口からかかってくる町民からのSOSによって、べてると地域との絆ばかりではなく、関係機関の連携も年ごとに深まり、スタッフの間にも”キシメグさんとつき合えれば一人前”として苦労がブランド化され、スタッフ教育、人間的な成長に多大な貢献をされました。

さらにあなたは、さまざまな苦労にもめげず当事者研究にも取り組まれ、「大声爆発」の研究にも取り組まれています。
よって、ここに2017年度幻覚&妄想大会「ぱぴぷぺぽだったで賞」を差し上げます。

副賞として、日頃、お世話になっている総合文化会館の警備員のおじさんへの感謝として持参する「お中元」の品を贈ります。

2017年7月29日
幻覚&妄想大会実行委員長
松原 朝美


2017 幻覚&妄想大会「グランプリ賞」  石村謙次様

あなたは飲め飲め幻聴さんにジャックされ「鍵を飲め」「タバコを飲め」「酒を飲め」「骨を飲め」「紙を飲め」「お金を飲め」など、飲め飲め幻聴さんに振り回される中で、部屋の鍵を紛失され、部屋に入れなくなり、元祖べてるに助けを求めるも、メンバーに怒られた結果その日は野宿されました。やむなく、翌日に当事者研究の場で仲間に「鍵が無くて部屋に入れない」とSOSを発し、スタッフと部屋に鍵を探しにいくと「実は飲みました」と発言、さっそくレントゲンを取りにいくと、綺麗
に映っていました。

さらには、べてるの掲示物や仲間の写真をことごとくシュレッダーにかけ、千切りキャベツのように食べるという特技を発揮され、お陰で掲示板は、きれいになりました。
また、仏教を信じながら「ラマダーン」といって断食をされたり、前髪だけ刈り上げてしまったり、自分のゴミをわざわざスタッフの家に配達するなど、その行動力と発想の豊かさに、2017年度幻覚妄想大会グランプリを差し上げます。

副賞としまして、絶対に呑み込めないサイズの大きな鍵とキーホルホルダーを差し上げます。

2017年7月29日
幻覚&妄想大会実行委員長
松原 朝美

 

その後、石村さんからお話を聞いたら、幻聴さんが「家がなくて困っている人もいるのにお前は贅沢な暮らしをしてるから鍵を飲んで入れなくしろ」と言われたのだそうです。石村さんは普段からすごく真面目なので、そう言われると家があることが申し訳なくなってしまって、つい言うことを聞いてしまうということがわかりました。
べてるまつり後、月曜の当事者研究でさっそくこの話題を取り上げて、みんなと一緒に振り返っていました。


べてるの家のメールマガジン「ホップステップだうん!」好評配信中!
たくさんの方々に支えられて、発刊から6年目に突入。いつの間にか「まぐまぐ」殿堂入り。

フィンランド・オープンダイアローグ視察の旅もついに完結。英・オックスフォードの精神科医Neel Burton先生のオープンダイアローグを紹介する記事も掲載しました。興味のある方はバックナンバーをご覧ください。

読者の方々にいただいた講読料で、みんなで力を合わせて記事を作成しています。

【価格】300円/月(1配信あたり150円・税別)登録月無料
【発行周期】毎月 1日・15日
【発行形式】PC・携帯・スマートフォン向け/HTML形式

▶ メールマガジン購読・申し込み・サンプルはこちら

投稿者: bethel-net