当事者研究全国交流集会 /べてるまつり ー「オープンダイアローグ」リーッカさん、ヘレナさんを交えて

7月28日(金)、当事者研究全国交流集会が浦河町総合文化会館で行われ、フィンランドから心理士のリーッカさんと経験専門家のヘレナさんを交えて、オープンダイアローグについての講演会とシンポジウムが行われました。

リーッカさん(写真左)は、外来で未成年を対象とした心理士をしており、ヘレナさん(写真右)はうつ病の当事者としてオーブンダイアローグを通じて治療を受け、現在は経験専門家として活動しています。

写真中央は今回通訳をしてくれたムーミン研究家でもある森下さんです。

今回は、講演の内容のダイジェストを簡単にお送りします。

 

フィンランドから北海道に1日半かけて来ましたが、まるで自分の家に帰ってきたかのようです。

フィンランドは日本よりも人口密度が低い。だから可能なこともある。
西ラップランドは6つの医療地区で構成されている。人口62000人

ケロプダス病院、成人向けクリニック、未成年向けクリニック、児童向けクリニックがあり、100人の医療スタッフがいる。

年間19000回の外来の訪問がある。
平均一人あたり1回1時間くらい、年間9日くらい(全国平均34日)。
西ラップランドが医療利用日数が短い理由は、オープンダイアローグを行っているからです。

オープンダイアローグで大事なことは以下のようなことです。

・すぐに助けを得られるようにする。24時間以内。

・家族や親しい人たちの協力を得る。

・必要に応じて。need adapted.

・当事者のいないところで当事者に関する話を進めない。

・クライアント自身が自分自身の専門家であれ。
Basic assumption to begin with is that the client is the expert when it comes to his/her life.

 

オープンダイアローグの視点で大事なこと。

問題は人との関係性のなかになにかあるのではないか。
関係性には、問題以外にもいい時間、いい瞬間もある。

経験専門家−どういうことが起きているか、いろいろなことがもっと素直にでてくる、治療の計画をクライアントと一緒に立てていく。素直さには、勇気がいる。

問題は力を持っている、可能性も持っている。

必ずチームでアプローチする。
私たちに必要なのは、ひとつの真実ではなく、多様な視点や考え方です。
経験の浅い人=未熟な人ではなく、オープンダイアローグでは、新鮮な視点を持った人として尊重される。

 

今回のテーマは「経験専門家として生きる」でしたが、ヘレナさんは「病気の前の自分に戻りたいとは思わない。あの時の自分はとてもつらかった。病気を通じて私はとても強くなった」と語っていました。

フィンランドでは国民共通の意識として、「みんなを仲間として大切にする」というものがあるそうです。リーッカさんによると、ケロプダスでは患者さんのみを治療して良くするというだけではなく、スタッフを含めて安心して居やすい環境をつくっているということも大切にされているそうです。

 

2日目には、べてるのメンバーがフィンランドの有名なキャラクター「ムーミン」の格好をして、みんなでシンポジウムを行いました。ムーミンは冒険譚ではあるけれど、完璧な主人公やヒーローのような登場人物がいないと森下さんが紹介すると、浦河もムーミン谷のようなところかもしれないね、西ラップランドと浦河は共通点がたくさんあるね、などの発言が多くでました。

ちなみに、早坂さんと内村さんがムーミン、山本さんがスナフキン、木林さんがミー、秋山さんや森さんがムーミンママになってます。

今年は例年を上回るたくさんの参加者の方々がこのまつりのために浦河に来てくれました。宿泊先がなくて、テントに泊まった人もたくさんいたそうです。

今回の全国交流集会とまつりのより詳しい内容は、メルマガ「ホップステップだうん!」やベテルモンドを通じてお伝えしていけたらと思っています。

べてるねっとでも、べてるの1年の活動報告や幻覚妄想大会の模様などを明日以降も掲載していきます。

お楽しみに!

投稿者: bethel-net