べてるまつり2016報告


7月15日(金)〜16日(土)、今年もべてるまつりを行うことができました。参加いただいたみなさん、どうもありがとうございました。今回は、NHK E-テレとのコラボもありました。放送は10月予定とのことです。詳細がわかり次第、またお知らせします。

写真 2016-07-14 16 46 4014日(木)、ちょっと早く到着した参加者のみなさんと今年も新鮮組ノアの畑でジンギスカンをしました。今年はピザ窯で手作りピザもみんなで楽しみました。

 

写真 2016-07-16 13 20 50バリバラの収録で来たゲストの松本ハウスの二人。今回でたぶん3回目です。

 

写真 2016-07-15 17 22 441日目は、日韓当事者研究交流10周年記念フォーラムを行いました。
演題として、カトリック大学のイ・ヨンピョン先生の「韓国の精神保健の実態についてー日本の制度とべてるの家が教ええくれる教訓ー」、清州精神保健センターのキム・デファンさんによる「当事者研究の活用」などの発表と報告がありました。
韓国の重点的問題として、精神科病床の持続的増加、地域サービスの空白、長期入院による公共医療福祉財政の消尽などがあげられ、日本とも共通する点が多いことが確認されました。
韓国における当事者研究の実践の効果として、仲間ができる、病気や症状についてのコミュニケーションと理解・共感、背景にある意味の見出し・共有、理解がすすみ考え方が変わる、援助者の成長などが報告されました。

 

写真 2016-07-15 19 58 05懇親会(べてるまつり前夜祭)の様子。今回のフォーラムの様子は、韓国の大手紙朝鮮日報に掲載されたそうです。

 

写真 2016-07-17 21 25 492日目、午前の部は「開かれた苦労ー語りの可能性ー」と題して野口裕二先生(東京学芸大学教育学部教授)と木まぐれ研究所、ぴりかぽっけ、べてる・べてぶくろ、ひがし町診療所のメンバーを交えて、シンポジウムを行いました。この模様は、後日テキストを起こしてメルマガやベテルモンドに掲載したいと思います。
午後の部は、松本ハウスの二人が加わって、一年間のべてるの活動報告と毎年恒例の幻覚妄想大会を行いました。

写真 2016-07-16 17 48 55そして、今年のグランプリの栄冠は松原朝美さんに輝きました。副賞は主治医川村先生の診療所でつくった無農薬無肥料の自然米「幻米」がもらえる「お米券」です。
この詳細は、NHK E-テレ「バリバラ」放送をお楽しみに!

 


べてるの家のメールマガジン「ホップステップだうん!」Vol.104が配信されました。

今号の内容は、、

・【特集】「幻聴さん」は、地域の文化に大きな影響受けている

・自然流 第46回  西坂自然
「身体の誤作動と不全感」

・「当事者研究」をめぐるダイアローグ
ー 寄せられた質問について考えます ー その2


たくさんの方々に支えられて、発刊から5年目に突入!
読者の方々にいただいた講読料で、みんなで取材をこなったり記事を作成しています。
べてるの家のメールマガジンを定期購読しませんか?

【価格】300円/月(1配信あたり150円)登録月無料
【発行周期】毎月 1日・15日
【発行形式】PC・携帯・スマートフォン向け/HTML形式

▶ メールマガジン購読・申し込み・サンプルはこちら



投稿者: bethel-net