第12 回当事者研究全国交流集会 発表者募集のお知らせ


研究発表者募集!

今年の大会テーマは「見る当事者研究」です。

当事者研究というとそのイメージに浮かぶのが「語ること」ですが、これまでも、イラストを用いたり、歌ったり、踊ったり、言語的な表現を越 えて、発表される方もたくさんいました。浦河大会でも、歌う、踊る、動画を使う、など「見せる」研究スタイルの発表は大歓迎です。

今回は2年ぶりの浦河での開催です。みなさんと一緒に研究を分かち合える事を期待しています。

研究の進め方、発表に仕方についてもいつでも御相談に乗りますのでご連絡下さい。

べてるでは、DVDで「見る当事者研究」シリー ズを企画しています。
東京大学の熊谷晋一郎さん、綾屋さつきさんがこのたび 自閉スペクトラム症者(ASD)の特異な知覚世界を体験することのできるヘッドマウントデ ィスプレイ型知覚体験シミュレータ」を開発され、今回の大会でも体験できるよう調整しています。

また、この浦河大会では、福島県立医大の丹羽真一先生をお招きし、当事者研究の可能性についてもご講演していただく予定です。